緊急事態宣言の発出を踏まえた職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防及び健康管理について(厚生労働省)

  • HOME
  • ニュース
  • 緊急事態宣言の発出を踏まえた職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防及び健康管理について(厚生労働省)

厚生労働省より緊急事態宣言の発出を踏まえた職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防及び健康管理について周知依頼がありましたのでお知らせいたします。

1月7日に発出された緊急事態宣言を受けて、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」も改正され、その中で、職場への出勤等につきましては、
(1)緊急事態宣言の対象地域に属する特定都道府県については、「出勤者の7割削減」を目指す、
(2)特定都道府県以外の都道府県については、在宅勤務(テレワーク)、時差出勤、自転車通勤等、人との接触を低減する取組を働きかけること
などがうたわれています。

皆様におかれましては、改正された基本的対処方針を踏まえ、引き続き職場での感染防止策の確実な実践に努めていただきますようお願い申し上げます。

■緊急事態宣言の発出を踏まえた職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防及び健康管理について
http://www.jpca.org/soumu/mhlw_20210114.pdf

最新のお知らせ

お知らせ一覧
Scroll Up