ごあいさつ

JPCA会長より皆様へ

  • HOME
  • ごあいさつ

JPCA会長より皆様へ

 みなさん、こんにちは。会長として4期目を迎えることになりました。これからも宜しくお願い致します。いままでの6年間を通じて、1期目は『8つのマニフェスト』を掲げて推進してきました。特に組織改革などの運営体制を判りやすく、2期目は『Vision2020』の策定、とくに『ダントツものづくり』と『ビジネスチャンスの創出』を工業会の両輪に据え、いろんなアイデアを盛り込んで進めてきました。『ダントツものづくり』では、現場改善から始まり、研究会の設立、その活動の強化として、会員若手リーダーを中心とした改善の教育現場『ものづくりアカデミー』を開講し、業界全体のレベルアップを目指してきました。更には、『ビジネスチャンスの創出』として、個別企業との『ビジネスマッチング会』から、『地域ビジネスマッチング会』へ発展させて回を重ねてきております。
さて、これからの2年間は、この両輪をさらに充実させるとともに、第3の柱として『BCP・BCM』に取り組んで参ります。皆さんも感じているように、自然災害が後を絶ちません。まずは、自分の命を守る、家族を守る、従業員を守る、会社を守る。いつ何時、大災害が起こるとも限りません。備えを行い、被害を最小限にすることは、個人のみならず、企業経営にとって欠かせないたいへん重要なことです。その第一歩として、BCPの作成のお手伝い、勉強会・講習会への参画などを企画して参ります。ぜひ会員のみなさまが参加して、継続性のある企業経営を目指していける『Vision 2020』を充実して参ります。

 4期目の大きな目玉は、

 ①『ダントツものづくり』の充実
②『ビジネスチャンスの創出』の発展
③『BCP・BCM』の取り組み

 元号も『令和』となり、気持ちも新たなスタートとなりました。また、東京オリンピックの開催もあと1年余となり、景気は上向きと言いたいところです。しかし、米中貿易戦争の影響をもろに受け、経済環境の不透明感は益々濃くなり、基板業界の先行きも予断を許さない状況です。そんな中、これからのビジネスチャンスとなる5G(高速伝送)の市場や自動車のEV化は確実に広がってきます。当工業会としても各分野のマーケティング活動を進め、勉強会やJPCA NEWSなどを通じて、会員の皆様にタイムリーな情報提供を行って参ります。
ぜひ、この工業会の活動にご理解いただき、飛び込んで参画して下さい。たくさんの仲間や交流を通じて、さらにJPCAを盛り上げて参りましょう。4期目をスタートするにあたり、皆様のご支援ご協力をお願いして、私の挨拶とさせていただきます。

Scroll Up