• アクセスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • English
あおちゃんとおじさんの対話形式で進む本コラムの対象は、プリント配線板を専門にしていない若い人、および電子機器の設計・製造や材料その他関連ビジネスに関わる人を想定しています。プリント配線板が電子機器のなかで、どんな役割を担い、どのような背景で誕生し、どんなニーズに応えるために開発がすすんできたのか、そして、いま話題のプリント配線板にはどんなものがあるかについて、易しく説明することを目指しています。




ページトップへ戻る
JPCAへのお問い合わせ