• アクセスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • English

PWBコンサルタント一覧

PWBコンサルタント資格保有者

氏名をクリックすると詳細情報がご覧いただけます。
※一部の方のみの公開となっております。

氏名 年齢 拠点 得意分野
長谷川 堅一 80 東京 プリント配線板(リジッド・フレキ)
品質管理
安井 博文 69 愛知 サブストレート
プリント配線板(リジッド・フレキ)
製造
榧場 正男 64 埼玉 プリント配線板(リジッド・フレキ)
設計・製造・実装・品質管理
嶋田 茂晴 59 埼玉 プリント配線板(リジッド)
設計
斉藤 和正 57 東京 プリント配線板(リジッド)
設計・製造・実装・品質管理・
経営・営業・調達・工場設営
亀井 浩 56 神奈川 プリント配線板
経営
永田 守 45 東京 プリント配線板(リジッド)
実装・品質管理・調達
杉山 俊幸 52 京都 プリント配線板(リジッド・フレキ)
品質管理・工場設営
市川 隆裕 59 新潟 プリント配線板
製造・品質管理・経営
常松 明 57 神奈川 サブストレート
プリント配線板(リジッド・フレキ)
設計・製造・品質管理・営業
筑間 光靖 57 千葉 プリント配線板(リジッド・フレキ)
製造
一色 和彦 52 長野 プリント配線板(リジッド)
製造・品質管理・経営
渡邉 喜夫 58 神奈川 サブストレート/プリント配線板
製造・品質管理
排水処理
保坂 三喜雄 64 神奈川 プリント配線板(リジット)
製造・品質管理・経営
榎 敏孝 58 兵庫 プリント配線板(リジット)
品質管理、調達
平田 良知 62 岐阜 プリント配線板(リジット)
品質管理、設備管理、現場の管理改善活動、
検査部門の業務改善
朝倉 博史 54 埼玉 電子デバイス、電子材料、
実装

コンサルタントのご紹介及びお問い合わせ先

一般社団法人日本電子回路工業会
〒167-0042 東京都杉並区西荻北3-12-2 回路会館2階
TEL:03-5310-2020 FAX:03-5310-2021
E-mail:miyake@jpca.org 担当:三宅

コンサルタント詳細情報



 

長谷川 堅一(ハセガワ ケンイチ)| 80歳


 
保有資格 一級 プリント配線板製造技能士(製造作業)
PWBコンサルタント
専門分野 プリント配線板(リジッド・フレキ)
品質管理・経営
検査技術
信頼性評価技術
各種解析技術
問題解決手法
品質管理手法
5S管理
クレーム対策技術
プロフィール hasegawa職歴:

北海道大学工学部(1960年卒)
日東鉄工株式会社(1960~65年)
株式会社北海製作所(1965~70年)
日立建機株式会社(1970~84年)
日立化成株式会社(1984~91年)
和田電子工業株式会社(1991年~95年)
日立化成エレクトロニクス株式会社(1995~95年)
アケボノテクノス株式会社(1995~97年)


コンサルタント活動:

1997年~現在に至る
株式会社石塚製作所、大成電子株式会社、CCTC(中国)、株式会社アイレックス、株式会社リョウワ、エーアイシーサーキット株式会社、株式会社山岸エーアイシー、日立エーアイシー株式会社、新町コンデンサ株式会社、JHC株式会社、大徳電子株式会社(韓国)、サンタ軽金属工業株式会社、プロセス・ラボミクロン株式会社、大徳電子フィリピン株式会社(フィリピン)、三星電機株式会社(韓国)、Suntak(中国)等20社30工場


著書:

ぷりんとばんじゅくⅢ、Ⅹ、プリント配線板の品質・信頼性解析(JPCA)
品質保証の部課長必携仕事マニュアル(アーバンプロデュース株式会社)
プリント配線板の品質改善技術(日刊工業新聞社)
得意分野・詳細 プリント配線板(リジッド・フレキ)、電子部品等に関する検査技術、信頼性評価技術、各種解析技術、問題解決手法、品質管理手法、クレーム対策技術、5S管理等を核にした製造現場改善及び経営改善に関する指導。

・製造工程実査、各種管理状況調査(生産効率、5S管理、製品品質、不良対策、クレーム発生実績、品質会議、品質保証レベル、製造装置保全状況、取引業者管理、デザイン・レビュー、クリーン度レベル、検査・試験方法、トレーサビリティ状態等)をベースにした効果的、効率的、安価な改善を具体的に指導。


 

安井 博文(ヤスイ ヒロブミ)| 69歳


 
保有資格 PWBコンサルタント
専門分野 半導体パッケージ
サブストレート
プリント配線板
プロフィール yashui 片面プリント配線板、両面プリント配線板、多層プリント配線板、半導体パッケージ基板、及びサブストレート基板の製品開発、製造技術、生産技術、品質管理、品質保証、営業開拓及び販売に至る幅広い経験を持つ。

プリント配線板に関する諸問題について、経験に裏打ちされた行動力で問題点の本質を見極めながら、個々の企業に即した実行できる具体的な提案を示すことが出来る。
得意分野・詳細 半導体パッケージ基板、及びサブストレート基板の製造技術の向上、生産技術の向上及び品質管理において、個々の製造会社の実情に応じて、又、その会社の顧客に対して「お客様に喜んで買って頂ける製品を造る。」を基本理念とし、お客様の最終製品の目標を理解して、設計から製造、検査、品質保証、出荷、販売及び売掛金回収までを製品造りとして考える。

その基本は「現場主義」に置き、テーマは3つ、
(1)「製品は現場で造られる」、(2)「前工程は後工程に、売れる製品として、必要な量を必要な時に最小コストで造り上げ渡す」、(3)「全ての製造現場では、A:当たり前の事を、B:バカにしないで、C:チャンとやる。を一人一人が実行する。」

具体的な取り組みとして、経営者から作業員(営業員)に至るまで、現状分析した具体的な内容を示して理解して頂くことから始め、各現場、各部署で顕在化した問題点を認める事が出来るか十分話し合う。その結果、取り組むべきテーマ3つ取り上げ、効果を金額(又は特典)で示して行動計画を作成する。行動計画は、「誰が、何時までに、どのように、どうするか、結果はどうなったか。」を明確にする。結果が出た時は継続性を評価して具体的な賞を与える。モチベーションと解決能力の向上を図る。


 

榧場 正男(カヤバ マサオ)| 64歳

 

保有資格 特級プリント配線板技能士
PWBコンサルタント
専門分野 基板(片面~多層、フレキ)製造
品質改善
基板設計
実装(はんだ付け、部品搭載)
不良解析
改善活動
電子回路設計(アナログ回路、デジタル回路)
光源と照明

プロフィール kayaba 微小エリアや小径ビア内にも形成できる表面処理(はんだコート:5μm厚)装置を実現・実用化した。 

歩留まり向上活動を実施:住べ・ハノイ工場で95%の歩留まりを達成・維持させた。現地メンバの育成として、三現主義を認知させ、さらに科学的解析に従い真の不良原因を見極め、対策する活動を実施。

ソニーにて基板設計基準、品質基準、監査表を作成・制定した。基板導入(国内外の基板会社を監査し不良解析、対策)で実用し、現地(欧州、アジア、南米)調達に貢献した。高密度実装設計・周辺技術改良で小型モジュール化を実施した。
CCLの基準作成し、紙ポリエステル材、高CTI・紙フェノール材、ハロゲンフリー材を新規導入した。ハロゲンフリー定義は本規格を元にIEC規格化した。基板品質向上と実装後の信頼性向上の知見を活かし、市場不良分析し真の原因を追及した。日立化成と基板を使った光導波回路+電子回路(光変換)の共同開発を行っていた。(開発案件のみ)

NECにて航空管制レーダの電子回路設計(ロジック回路、30MHz~150MHz、3GHz)を通じ、高周波による不具合や高速伝送時の不良対策経験により、後にソニーでのHDTV回路の不具合改善に貢献した。
MILスペックで設計から製造・検査し、現場での知見を有する。
得意分野・詳細 実装領域:
リード部品実装や表面実装部品実装の品質歩留まり向上に寄与します。微小電極を含め、高はんだ接合信頼性を確保するボイドレスを実現できます。部品電極やはんだ材料に対する解析で不良原因を把握し、対策方法を提案できます。
はんだ付け(フロー、リフロー)の不具合に対し、現場で不良改善活動を指導できます。基板設計上の不具合を把握し、場合によってはレイアウト変更を提案します。JPCA出版の「ぷりんとばんじゅく・実装編」を元に実装領域を講習・指導できます。はんだ接合部の不具合発生に対し、第三者の立場で不具合の原因を解析します。

基板領域:
片面基板~HDI基板、フレキ基板製造での品質・歩留まり改善に寄与できます。ソニーの基板サプライヤ監査を通じ、基板工程をユーザーの立場で監査します。エンドユーザーに対する基板の品質保証やノウハウを指導できます。
短期では効果が見え難いが、現場作業員に対する作業改善(IE活動、見える化)を通じ工程歩留りを向上させ・維持できる環境を整備できます。金属ペーストTH基板の規格化から具体的な試作・量産技術を現場で指導できます。

CCL領域:
リジット、フレキ用CCLの品質・歩留まり改善に寄与できます。電気特性、機械特性、経時変化、環境変化の面から品質不具合を改善指導します。CCLを採用する立場から各製品に対するコストや品質課題をコメントできます。

光源と照明領域:
学生時代から標準光源や空港照明を研究しており、知見を有します。光伝送、分光技術、光電気変換を通じた光モジュールに基板技術を導入できます。



 

嶋田 茂晴(シマダ シゲハル)| 59歳


 
保有資格 一級 プリント配線板製造技能士(設計作業)
PWBコンサルタント
専門分野 設計
CAD/CAM
プロフィール shimada 昭和55年4月
 中央銘板工業株式会社
(現 日本シイエムケイ株式会社)入社
平成6年4月
 シイエムケイ回路設計センター出向
平成19年7月
 シイエムケイ・プロダクツ株式会社出向
得意分野・詳細 プリント配線板設計
CAD設計
CAD運用
CAMデータ


 

斉藤 和正(サイトウ カズマサ)| 57歳

 

保有資格 公害防止管理者 大気1級 水質1級
毒物劇物取扱者
東京都公害防止管理者
甲種 危険物取扱者
PWBコンサルタント
JPCAものづくりアカデミー全課程修了
その他
専門分野 車載基板(ビジネス・デューデリジェンス、品質監査、技術支援)
プリント配線板の製造から工場運営、ビジネスプロデュースまで
プロフィール saito 1980年:東証一部上場、日立関連会社に入社、23年間勤務
高信頼性要求の公共機器・システムに用いるプリント基板の設計基準・生産技術、品質保証及び基板・材料の海外調達を推進。

1985年:少量・多品種用内作基板工場を設立、実装技術も兼任。
内作の責任者として数々の機器を市場に送り出すことに貢献。現在でも多数の機器を街中で見ることができる。
ものの造り方に対して机上だけでなくフィールド実績を把握していることが強み。

2002年:有限会社実装彩科を設立、コンサルタント活動を開始。
2014年:海外までプリント基板のサプライチェーン、全ての領域の会社様とご縁。現在はビジネスプロデュースまで手掛ける。

JPCA、JIEP(エレクトロニクス実装学会)の複数の委員会、研究会の委員を務める。また、(公社)自動車技術会 会員。
得意分野・詳細 ■金融、ファンド、外資コンサル会社様:
車載基板メーカ、大手基板メーカ、基材メーカ等の
ビジネス・デューデリジェンス(財務系を除く)

■電子機器セットメーカ様:
国内外、基板調達先の目利きと立上げ、事故対策と収斂支援

■商社・EMS様:車載基板ビジネス(受注につなげる)
調達基板メーカのブラッシュアップ、歩留り向上対策(実装技術を含む)

■基板メーカ様:
技術(歩留り改善)、開発、海外調達、営業の各部門支援

■副資材・設備メーカ様:
開発・研究部門の支援、営業支援

■ プリント基板に関する無料相談(電子機器セットメーカ様へ)
基板勉強会.com
http://基板勉強会.com/

■教育活動:
執筆
http://www.pwbjissobazar.info/index08/
https://pub.nikkan.co.jp/books/detail/00002899/

廃車解体体験
http://www.car-teardown.com/

■その他:
海外を含めて広い人脈を保有


 

亀井 浩(カメイ ヒロシ) | 56歳

 

保有資格 中小企業診断士
PWBコンサルタント
専門分野 経営管理
生産管理
プロフィール kamei 1982年にソニー株式会社入社、オーディオ事業、コンピュータ事業、電子デバイス事業の部門にて経営企画、生産管理などの業務に従事をする。
 
2006年にソニー株式会社を退職し、経営コンサルティング事業会社(株式会社ネクストゲート)を設立する。
現在、経営コンサルタント、中小企業診断士として活動中である。

また、都立産業技術高等専門学校、中小企業大学校、商工会議所などで講師を務めるほか、独立行政法人中小企業基盤整備機構において震災復興支援アドバイザー、高度化事業アドバイザー、東京都大田区にて「大田の工匠」選考委員会委員などにも従事している。

【所属団体】
神奈川県中小企業診断協会会員、日本経営工学会会員
得意分野・詳細 ・ものづくり企業の経営戦略策定、経営改善計画の策定など中長期的な事業の方向性に関するコンサルティング

・原価管理、キャッシュフローの改善などの財務基盤を見直し経営力の強化を図るためのコンサルティング


 

永田 守(ナガタ マモル) | 45歳

 

保有資格 特級プリント配線板製造技能士
一級プリント配線板製造技能士(プリント配線板設計作業)
品質管理検定(QC検定)2級
環境社会検定(eco検定)
PWBコンサルタント
専門分野 CCL/PWB/実装
プロフィール
得意分野・詳細


 

Toshi Sugiyama
杉山 俊幸(スギヤマ トシユキ) | 52歳

 

保有資格 Qualifications
IntPE(Jp)
APEC Engineer(Industrial)
P.E.Jp(Industrial) No.78503
PWB Consultant
QMS Provisional Auditor Registered by JRCA A21644

保有資格
IPEA国際エンジニア
APECエンジニア(Industrial)
技術士(経営工学) 文部科学省登録番号 第78503号
PWBコンサルタント
品質マネジメントシステム審査員補 JRCA登録 A21644
専門分野 Industrial
Quality Cost
Inspection Technology

経営工学
品質コスト
検査技術
プロフィール sugiyama Career (summary)
 ・Personnel training of quality assurance designer(process, equipment)of global(the 1990-present)
 ・Product Managers such as inspection / quality systems(2006-2013)
 ・Quality management Consulting (the present post)
Experience of the inspection, monitoring technology
 ・Area sensor (solder joint inspection)
 ・Line sensor (sheet, package base material)
 ・Security system (monitoring, electric inspection)
Membership
 ・IPEJ (Institution of Professional Engineers, Japan) member
 ・JIEP (Japan Institute of Electronics Packaging) member
 ・JARA (Japan Robot Association) member
 ・JEITA(Japan Electronics and Information Technology Industries Association)
   JJTR(Japan Jisso Technology Road-Map) Equipment Committee
 ・IPC Standards Development Committee(Acceptability of Electronic Assembly)

職歴(概要)
 ・グローバルの品質保証設計者(工程・設備)の育成(1990-現在)
 ・検査/品質システム等のプロダクトマネージャー(2006-2013)
 ・実装品質経営のコンサルティング(現職)
検査技術・監視技術の経験
 ・エリアセンシング(はんだ接合性の外観・非外観検査等)
 ・ラインセンシング(シート・実装ベース材料検査等)
 ・警備システム(モニタリング・電気検査等)
メンバーシップ
 ・日本技術士会 会員
 ・エレクトロニクス実装学会 会員
 ・日本ロボット工業会 会員  
 ・電子情報技術産業協会 JJTR(日本実装技術ロードマップ) 設備委員
 ・IPC標準開発委員(電子組立品の許容基準)
得意分野・詳細 Min quality cost (Prevention-Appraisal-Failure Cost) for PCB(PWBA)

プリント実装基板における品質コスト「予防コスト・検査コスト・損失(失敗)コスト」の最小化。詳細はご相談。


 

市川 隆裕(イチカワ タカヒロ) | 59歳

 

保有資格 特級プリント配線板製造技能士
PWBコンサルタント
専門分野 プリント配線板分野
プロフィール ichikawa ~2001 大手PCBメーカにて23年勤務。製造、生産技術、品質保証などに従事。

2001~ 国内及び韓国、台湾、中国のPCBメーカの品質技術助成を主としたコンサルティングを行なう。海外での指導経験豊富。
得意分野・詳細 ・車載用PCBの生産技術及び品質保証に関する事項
・不良削減・良率向上に関する事項
・生産性向上及び収益改善に関する事項
・製品カテゴリー;MLB、HDI
・中国語で業務可能


 

常松 明(ツネマツ アキラ) | 57歳


保有資格 PWBコンサルタント
二級プリント配線板製造技能士(設計作業)
TOEIC 755点(2004年)
第二種電気工事士
認定電気工事従事者
有機溶剤作業主任者
第三種電気主任技術者
三級機械保全技能士(電気系保全作業)
2級電子回路営業士 他
専門分野 プリント配線板
布線検査機(フライングプローバー)
PC Board Design
Bare Board Testing (Flying Prober)
プロフィール tsunematsu 学歴:
東洋大学 工学部 電気工学科卒

職歴:
業務用音響機器製造 10年
外資系CADベンダー 23年
布線検査装置代理店 1年

メンバーシップ:
元 JPCA設計委員会委員
元 EIAJ EDIF400ワーキングメンバー
元 JEITA ECALSワーキングメンバー
現 エレクトロニクス実装学会会員

執筆等:
デザインウェーブマガジン2003年4月号「プリント基板設計を体験」
エレクトロニクスアップデート誌、その他業界誌へ多数寄稿

セミナー・マーケティング等:
JPCA設計委員会主催設計セミナー他でプリント基板用自動配線機能や伝送線路シミュレーション等について講演
Any Layer基板のデザインキット対応や自動配線新機能開発で、顧客と開発部門間の技術リエゾンを担当
ユーザマニュアルの翻訳や来日外国人のプレス発表通訳を担当
専門誌や展示会での広告宣伝などマーケティング活動に従事

バックグラウンド:
業務用オーディオ機器のアナログ電子回路設計や、それに係る筐体設計、プリント配線板設計、版下製作、製造・実装・組配等の経験をベースに、プリント配線板設計ツールの販売やユーザ支援業務を23年間経験

担当EDAツール:
PCB・CAD/自動配線:
 CADNETIX/Route Engine、StarTrak
 VeriBest/Advanced Editor
 Expedition PCB/Xtreme PCB
回路エントリ:
 CADNETIX-CED、Daisy-ACE、AcePlus、VB Design Capture、DxDesigner
シミュレータ:
 伝送線路解析:Signal Vision、HyperLynx SI、HyperLynx GHz
 パワーインテグリティ:HyperLynx PI
 熱解析:BETA-Soft Board
 Spice系アナログ:VeriBest Analog、DxAnalog
ライブラリ・データ管理:
VeriBest(Accessベース)、MentorDMS(Oracleベース)

現職:
布線検査装置(フライング・プローバー)の販売とユーザ支援を主として活動中
得意分野・詳細 プリント配線板設計に係る
 CAE/CAD/CAM
 自動配線
 シミュレーション
 インターフェース

布線検査装置に係る
 検査方法概論
 ガーバー編集やデータ作成、ツール間インタフェース
 その他、施工や機構的な部分についても対応可能



 

筑間 光靖(チクマ ミツヤス) | 57歳

 

保有資格 PWBコンサルタント
専門分野 めっき
プロフィール chikuma 1984年 名古屋工業大学 合成化学科卒業
同年 上村工業株式会社 入社
東京支社 営業技術グループにて、プリント配線板製造におけるめっき技術全般に携わってきた。

フィールドエンジニアとして多くの生産ラインの立ち上げや様々なトラブルに対して対応を行ってきた。
近年では、最終表面処理としての各種接合技術(はんだ実装やボンディング等)にも従事している。
得意分野・詳細 めっき分野
スルーホールめっき用のデスミア処理、前処理プロセスおよび電解銅めっきプロセス
最終表面処理として電解Ni-Auプロセス、ENIG&ENEPIGプロセス
その他錫、銀めっきなど
めっき装置関連技術
めっき液分析管理技術



 

一色 和彦(イッシキ カズヒコ) | 52歳


 
保有資格 品質管理検定2級
第2種情報処理技術者
PWBコンサルタント
専門分野 プリント配線板(リジッド)の経営・製造・品質管理・開発
プロフィール isshiki プリント配線板の製造及び実装では、物事の原理原則そして現場・現物を理解した上での〝ものづくり”が重要です。
特に最近の技術者・設計者は、現場・現物や不具合事例を知らないまま設計し、後からその対応で忙しくなっていることがあります。
また、コストを優先して海外からプリント配線板を調達したけれども、ロット不良により多額の損出を計上し、国内に戻ってくる製品も少なくありません。
品質向上と会社を強くするためには、まず中間管理職を育成・指導し、リーダーシップを持って自部署を管理し、更に指導された社員全員が自己啓発とともに成長することは必要で、そのサポートをさせていただきたいと思います。
得意分野・詳細 ・プリント配線板の製造全般(設備・材料・工程等)
・プリント配線板の品質保証・品質管理全般(ISO含む)
・プリント配線板の開発・新技術
・プリント配線板の工場管理
・管理職教育・社員教育



 

渡邉 喜夫(ワタナベ ヨシオ) | 58歳


 
保有資格 技術士(金属部門・総合技術監理部門)
公害防止管理者(水質1種)
PWBコンサルタント 
作業主任者(X線、鉛、酸欠、特化物、溶剤)

専門分野 プリント配線板プロセス開発(主に材料と湿式プロセス)
信頼性評価・不良解析技術
プロフィール 1501_watanabe <職歴>
1981~2013 
大手電気メーカにて、電子部品開発・製造技術・市場不良解析・寿命信頼性技術等の業務を行ってきた。3年間ヨーロッパに滞在し、プリント配線板工場の立ち上げから量産まで担当した。また、関連会社にてフレキシブル基板材料など材料開発なども担当した。実装においてもワイヤーボンディングからベアチップ実装まで経験し、各種内蔵基板の試作・量産にも関わった。

2014
自動車部品メーカにて、外装部品の加工(成形、めっき、塗装、プレス)の生産技術を担当。

2015.2~
渡邉喜夫技術士コンサルタントオフィス開設
現在は、中小企業支援団体やシンクタンクおよび技術鑑定調査関連の団体に属し、中小企業支援、実装不良解析支援および調査業務等を行っている。

<タイプ>
プリント配線板、実装、材料、信頼性、加工装置など広く関わってきた。
また、その他のデバイス開発にも関わってきた知識と経験が財産である。何事も自分の目で確かめないと済まない性分で、事実を積み重ねて論理的に思考していくタイプである。
得意分野・詳細 <表面処理技術>
プリント配線板・実装プロセスは、表面処理技術の塊のようなもので、加工技術のすべてが関係している。本質から改善するのを得意とする。

<不良解析と信頼性技術>
劣化・腐食・摩耗における製品寿命の評価手法を考案し、市場とのフィッティングを行い、トラブルを未然に防止する。真の信頼性を思考する。



 

保坂 三喜雄(ホサカ ミキオ) | 64歳


 
保有資格 ISO9000審査員
ISO9000及びISO14000内部監査員
水質関係公害防止管理者
毒劇物管理者
PWBコンサルタント
専門分野 プリント配線板(リジット)
製造技術
品質保証
マネジメント並びに環境管理
プロフィール 151002_hosaka 1975年3月に日本大学理工学部工業化学科を卒業し、電子回路基板製造業を40年強経験して来ております。
㈱メイコーにて、34年間プリント配線板製造に従事し、2015年9月に退職し、現在に至っております。

今後は、電子回路工業会の発展に、今までの経験を生かし、新しいニーズの開拓、マーケットの変化への対応、利益の追求並びに企業の社会貢献等についての活動をして行きます。

2015年度中小企業白書によると高収益と低収益の企業の収益力差が開いています。「広域需要」と「域内需要」の二つの観点から地域実情にあった経済成長が取り上げられています。市場動向を読み、自身の得意分野を生かし、皆様方のお役に立ちたいと考えています。
得意分野・詳細 マネジメント(販売、購買、生産、品質等)
工程設計
生産管理
生産技術
品質管理
品質保証
標準化
リスクマネジメント
企業経営論等



 

榎 敏孝(エノキ トシタカ) | 58歳


 
保有資格 PWBコンサルタント
専門分野 プリント配線板(リジット)
品質管理/調達
プロフィール 152001_enoki 産業用電子機器セットメーカにて、国内外、基板調達先の選定・新規開拓及び不適合発生時の調達先との折衝(対策案検討・有効性確認、現場工程確認)を行っている。
得意分野・詳細 リジット基板(金フラッシュ表面処理)の購買仕様策定、
基板調達先の選定、不適合対策案の検討・有効性確認、現場工程確認。


 

平田 良知(ヒラタ リョウチ) | 62歳


 
保有資格 第一種衛生管理者
特化物作業主任者
2級プリント配線板製造技能士
PWBコンサルタント
専門分野 プリント配線板(リジット)
品質管理、設備管理、現場の管理改善活動、
検査部門の業務改善
プロフィール 152001_enoki 22年間プリント配線板製造企業にて、
設計・製造・技術部門を経験し、社内の改善だけでなく、協力企業や海外企業(韓国)の改善活動を指導。

退社後、国内外のプリント基板関連企業の品質改善、生産性改善の指導を行う。
特に2004年に中国で新規現地企業の品質管理システムを構築・運用し品質レベルの向上に寄与した。またISO17025システムの構築、教育を実施の上、認証を取得した。

2008年からは、中国、タイのプリント基板製造企業に於いて、品質管理・改善活動、TPM活動等の指導をしている。
特に2012年から中国の台湾企業で、TPM活動の導入、運用を指導、従来工場対比で故障、不良を大幅に撲滅した。
セミナー企業で、検査漏れ防止に関するセミナーを開催した。
得意分野・詳細 品質関係
ISO9001、TS16949をベースに品質管理をシステムで構築し、PDCAのサイクルに沿って、絶えずレベルの向上を推進させる。
1.品質管理システムの構築
2.脆弱箇所の指摘及び改善指導
3.製造現場の管理改善活動推進

TPM・QC・IE・VEなど管理改善手法の教育、実践指導
一つの手法だけでなく、それぞれ現場で発生している問題に対して最適の手法を適用する事で、より現場のニーズに沿った指導を行っている。
1.各手法の教育及び導入の指導
2.各手法で活用する、解析手法の教育指導
 (Q7、N7、なぜなぜ分析、PM分析、作業分析、価値分析等)
3.6M-5E問題点解析手法による、慢性不良の撲滅



 

朝倉 博史(アサクラ ヒロシ) | 54歳


 
保有資格 中小企業診断士
PWBコンサルタント
専門分野 電子デバイス
電子材料
実装
プロフィール 152001_enoki 電子デバイスの研究開発に従事後、
ジャーナリストとして電子デバイス、電子材料、実装を中心に先端技術のトレンドを20年以上にわたりウォッチ。その間に豊富な人脈を形成。
得意分野・詳細 ・未来ロードマップ
・技術と経営
・製造業のマーケティング



ページトップへ戻る
JPCAへのお問い合わせ