• アクセスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • English

資格更新制度

営業士資格更新制度の導入について

電子回路業界を取り巻く環境が益々厳しさを増し、自社と取引先双方の利益を繋ぐ営業に従事される方の職務の重要性が高まっている中、JPCAでは、本検定の電子回路業界への周知・普及を推進すると同時に、電子回路営業士の方々の、営業のエキスパートとしての自覚と意識の更なる向上を目的に、本検定合格者(営業士)を対象に更新制度を平成23年度より導入致しました。

営業士資格更新制度の概要

1. 資格有効期間及び更新要件

  • 資格保有期間は、1、2級共に5年となります。

  • 資格更新を行うには、資格取得(又は更新)後、5年以内に「資格フォローアップセミナー(以下、「セミナー」という。)を受講する必要があります。

  • 資格有効期間内にセミナーを受講しなかった場合は、資格失効となります。
  •      
  • 海外赴任その他の事情により、セミナーを受講することができない場合は、「資格失効猶予届」に必要事項を記載しJPCAに申請することで、資格失効を猶予する救済措置があります。
    資格失効猶予届」Word版


2. 営業士有資格者への情報提供

  • 営業士の資格更新のお知らせ等を円滑に実施するため、平成28年度から営業士個人のメールアドレスを登録することになりました。登録・お問合せは、下記メールからお願いします。
    メールアドレス:shikaku@jpca.org

ページトップへ戻る
JPCAへのお問い合わせ