• アクセスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • English

協議会・部会・ 委員会

一般社団法人日本電子回路工業会では、次の様な協議会、部会、委員会で様々な内容の取り組みを行っており、業界の発展に寄与しております。

電子回路経営基盤強化事業

各地域による協議会を構成する各部会、分科会、委員会は、業種、地域性、専門性により共通する課題の解決、景況調査の共有化、情報交換、交流を図りながら、横の連携と協議会以外の委員会、部会との連携を図り、我が国電子回路製造業の経営改善の推進と健全化、国際競争力の向上を図っています。

技術経営戦略委員会


電子回路業界全体の経営基盤の強化、経営資源の有効活用、新事業分野開拓のため、技術経営戦略委員会を通じて提案される「中小企業新事業活動促進法」等を用いた活動を推進し、国内外における新連携、販路拡大等の積極的な取り組みのための提案とビジネスマッチング及び具体的な連携認定のための事業計画の作成、申請に対する支援を行っています。

東京(埼玉・千葉・茨城)、神奈川、長野、中部、関西分科会


技術経営戦略委員会提案の新連携事業等について審議、検討し、積極的参加を図ると共に、従来の地域分科会に本社・事業所を置く会員電子回路基板メーカ、専門メーカが共に集い、規模の大小、製造品目、業種に係らず国内外における電子回路業界情報の共有化と交流を通じて抽出された課題、意見を集約し、理事会への施策提案を行っています。

フレキシブル部会


技術経営戦略委員会提案の新連携事業等について審議、検討し、積極的参加を図ると共に、フレキシブル電子回路業界の、電子回路産業全体における将来性について把握し、今後の方向性について把握する事業者間交流等の委員会活動を主体とし、共通課題の集約と理事会への施策提案を行っています。

電子回路専門委員会

電子回路の製造に不可欠な、設計、ドリル、めっき、金型、実装の各工程を専門に行う事業者で構成され、専門事業特有の技術や経営課題に取り組み、セミナーや講習会の開催、関連する委員会と交流等を通じて、適正な経営環境の整備に努めています。

設計委員会


電子回路産業全体における設計業の役割や事業の方向性について検討し、JPCA組織の他委員会や他団体との交流事業等を通じて、課題の解決に取り組んでおります。また、設計業界を担う若手技術者等の育成やユーザ向けに技術セミナーを開催しております。

ドリル委員会


専業メーカとしての経営課題に取組むため、JPCA組織の他委員会や他団体との交流事業等を行っております。また、工場視察や勉強会を通じて人的交流を深めています。

めっき委員会


専業メーカとしての課題の抽出と解決策を検討するため、メンバーによる議題提案を毎回行い、必要な資料収集に努めています。また、めっき従事者教育のため、「電子回路基礎教育研修会(基礎編・応用編)」、「品質保証に関する勉強会」の実施及び他の専門委員会との合同委員会、勉強会国内外同業他社の工場視察を含む技術交流会を開催しています。
更に、めっき業界への理解と商談の機会創出を目的としたJPCA Showへの出展と「めっき表面処理セミナー」の企画運営も行っています。

金型委員会


専業メーカとして活発な事業展開と事業者間交流を深めるため、非会員や異業種の金型メーカ等にも委員会活動参加を呼びかけ、他業界や次世代技術を取り扱っている企業の工場見学なども企画しています。

実装委員会


電子回路実装基板の事業領域に関連する団体等との交流を図り、取引環境の整備に必要な標準化や、最新テクノロジーの動向に関するセミナー、工場視察の実施を通じて人的交流を深めています。

電子回路関連資機材業界交流事業

電子回路業界全体が経営基盤を強化するために電子回路関連資機材業界の交流促進、情報交換、協業・連携を模索するとともに各業種の会員からの意見集約と理事会への施策提案を行っています。

基板材料委員会


電子回路製品の主材料構成(銅張積層板、樹脂、フィルム、銅箔、ガラスクロス)メンバー参加により、経営の合理化・コスト低減化に寄与する標準化活動への支援、材料を巡る認証問題や国際競争力分析、グローバル市場における差別化検討、電子回路製造者と関連周辺業界との連携・交流、共通課題の抽出と対策、理事会への施策提案を行っています。

資機材委員会


電子回路製造プロセスに不可欠な電子回路関連資機材(製造機械・器具、資材)メンバーの、電子回路産業全体における現状と将来性について把握し合い、資機材業界の今後の方向性について模索するため、事業者間交流や勉強会実施等の委員会活動を主体とし、資機材共通の課題や対策について理事会への施策提案を行っています。

標準化事業

電子回路製品の品質と信頼性を高めるための事業を行っています。

標準化戦略委員会


エレクトロニクス産業のグローバル化と水平分業化が進み、アウトソーシングが増加する製造チェーンの構造変化により、以前に増して、標準化の重要度は高まっております。
そこで、標準化戦略委員会では標準化(規格文書作り)を進めると共に、JPCA会員企業、引いては我が国の電子回路産業がグローバル・ビジネスにて不利にならない様な標準化戦略を構築すべく、IEC(International Electrotechnical Commission=国際電気標準会議)や、NEAS Forum(Northeast Asia Standards Cooperation Forum=北東アジア標準協力フォーラム)等の活動に積極的に参加しております。

環境安全委員会


企業や業界が果たすべき社会的責任には、地球環境の負荷低減が欠かせない物となっております。電子回路産業では様々な工程において、多種多様な材料や薬品を使用している事から、より一層環境負荷の低減には慎重な姿勢が必要となります。
そこで、環境安全委員会では、各社の共通課題である含有物質情報調査、温室効果ガス排出量調査等を実施しています。
また、様々な薬品を取り扱う電子回路産業の製造現場では、当業界特有の労働災害も発生している為、当委員会に於いて調査や予防策を検討しております。

調査・人材育成事業

電子回路に関する国内外調査、人材育成・教育活動を推進する事業を行っています。

国際事業委員会


エレクトロニクス産業に於いては、否応無に誰しもが国際的な取引の中に置かれています。海外に拠点を保有せず、自らが海外進出せずとも、海外のユーザ等との取引や、最終的に海外の市場に向かう製品等では、仕向地の法規制等を遵守する必要性が生じます。
そこで、国際事業委員会では、海外情報の収集と発信を趣旨として活動を行っております。この活動で、最も重要な組織をご紹介致します。

WECC
WECC(World Electronics Circuits Council=世界電子回路業界団体協議会)は、各国・各地域の電子回路業界団体により、1998年に設立された協議会です。
現在、JPCAを含む8団体(CPCA(中国印制電路行業協会)、EIPC(欧州電子回路協会)、HKPCA(香港線路板協会)、IPC(米国電子回路協会)、IPCA(印度電子回路工業会)、KPCA(韓国電子回路産業協会)、TPCA(台湾電路板協会))が加盟し、環境規制情報収集、標準化、及び統計調査等の活動を行っております。WECCでは、年に一度以上の全体会議と、事業毎の作業部会を開催しております。各国・各地域の情報収集や人脈構築についての核となる組織です。

日中電子回路友好促進協議会
世界の工場と呼ばれて久しい中国は、2005年以降、世界最大の電子回路基板生産国となっております。JPCA会員企業、引いては我が国電子回路産業にとっては、最重要パートナー国です。
しかしながら、中国ビジネスは、異なる政治体制や両国間の歴史的背景により難しさも伴うビジネスでもあります。
そこで、JPCAでは中国・CPCAと合同組織内組織として、2000年に当協議会を設立し、両国の電子回路産業の友好的発展を礎とする戦略的パートナーシップの構築に向け、交流促進と情報交換・収集の場を産業界にご提供して参りました。

調査委員会


業界の実態を調査し、「日本の電子回路産業」を作成刊行しています。また、用途別に調査した、統計を調査協力企業に対し報告を行っています。

次世代経営部会


中小企業性の強い当業界にあって、事業承継の問題は、避けて通れない問題です。その中にあって、当部会では、電子回路基板メーカは、もとより、設計、めっき、金型、基板材料、資機材メーカと垣根を取って、若手経営者の横の繋がりを持ちつつ、若手経営者ならではの課題に取り組んでいます。

資格普及委員会


電子回路業界の適正な取引環境と営業マンの育成のため、営業士制度の普及拡大と営業士資格取得者を中心に従業員への教育にも役立つフォローアップセミナー、電子回路営業職業能力検定受験対策としての講習会を企画実施しています。また、教育訓練や電子回路営業職業能力検定受験対策用として、電子回路学習テキストの編集出版を担っています。

電子回路営業職業能力審査委員会


電子回路営業職業能力検定試験実施に向けて、試験問題の作成を行っています。

普及・広報事業

電子回路産業、国内外ユーザ業界、周辺産業、学校関係他業界内外に対し、電子回路に関する情報発信を行っています。

展示会運営委員会・JPCA Show 実行委員会・展示会特別企画委員会


毎年6月に開催されるJPCA Showをはじめとする関連展示会を主催・運営し、各委員会、部会、研究会活動の事業成果、アウトプット発表の場としての関連団体主催展示会調整、ユーザ業界、周辺産業を呼び込むための集客企画立案、出展小間募集、運営の企画立案・実施を推進し、業界動向の発信に取組んでいます。

広報委員会・JPCA NEWS 編集委員会


広報全体の在り方を検討し、電子回路業界、関連資機材、及びユーザ業界に対する有用な情報提供に取り組んでいます。機関紙であるJPCA NEWSの編集内容、発刊時期について検討し、編集委員会を組織し工業会会員、経営者層、エンジニア層など幅広く読まれる編集項目、特集を策定しています。またホームページの充実について検討を行っています。

ページトップへ戻る
JPCAへのお問い合わせ