• アクセスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • English

キャラクター紹介

JPCAが毎月発行する機関誌『JPCA NEWS』の今年の表紙を飾るマスコットキャラクターについてご紹介させていただきます。 

かいろくん


電子回路の「かいろくん」。両面プリント配線板に部品が実装されている。
 瞳はめっきスルーホール(ビア)、その周りはランドで囲まれており、導体部分のめっきが見える。頬は加工時の基準となる基準穴、鼻は部品挿入穴にリードを差し込むタイプの挿入部品、口は表面実装タイプのパッケージ部品。目から目へ伸びている線は導体パターンで、電気をつなぐ。
 外形はルータビット(切削工具)の回転運動によって切断され、滑らかに仕上げられている(ルータ加工)。 体全体を覆っているソルダレジストは、最近は赤や青色のものも見られるが、多くは緑色。
 私たちの生活を支えるあらゆる電子機器の中に入っていて、重要な役割を担っている。
ICカードやリモコン機器が使えるのも、便利な生活を送れるのは、すべて電子回路のおかげ。

ひかりちゃん


光配線板の「ひかりちゃん」。光導波路という超高速の光信号を伝送するための光配線を備えている。
 透明な体に埋め込まれた光の通り道は、光が通ると怪しく光る。光の通る導波路は紫外線で硬化され、形づくられる。
 電子機器が高速化し、信号速度が追いつかなくなった従来の電気配線に取って代わり、光を使ってテキパキと高速伝送を行うことが出来る。
 最先端のスーパーコンピュータ、サーバー、ルーター等のネットワーク機器への用途も見込まれているが、色々な材料や製造プロセスが検討されていて、バリエーションもたくさん。

はんちゃん


片面プリント配線板に付けられたはんだの「はんちゃん」。はんだこてを使って付けられた、やに入りはんだ。もちろん地球環境にやさしい鉛フリー。ぷっくりとツヤがあり、とても良く付けられている。
 頭の先にあるのは、ニッパーで切られた実装部品のリード。胴体部分は紙基材フェノール樹脂銅張積層板という種類の基板で、芯の部分は樹脂を染み込ませた紙を何枚も重ねてプレスで接着されたもの。その上下はソルダレジスト部で、最近は赤や青色のものも見られるが、多くは緑色。
足はLED(発光ダイオード)。 胸のHのマークは「はんちゃん」のH。

ふれきさん


フレキシブルプリント配線板の両面板の「ふれきさん」。柔軟性があり、0.1mmととても薄い。多くはオレンジ色。
 絶縁基板(ベースフィルム)は、ポリイミド樹脂をフィルム状に加工したもの。縦の線の部分は銅で、電気の通る導体部分。その導体パターンをカバーするため、ベースフィルムと同じ厚さのポリイミドフィルムの層で覆われている(カバーレイ)。
 繰り返し折り曲げることが可能で、携帯電話やノートパソコンの中で、毎日何十回の開け閉めにも耐えることが出来る。
 でも湿気に弱いので、乾燥したところが好き。

各社のPR活動に©JPCAキャラクターをお役立てください。


JPCAの広報委員会では、JPCA NEWSの表紙を飾るマスコットキャラクターを広く普及させ、業界のイメージアップに役立てたいと考えております。いろんな場面でこれらのマスコットキャラクターを使用し可愛がっていただきたけますようお願い申し上げます。
だたし、ご使用に当たっては、工業会事務局宛に使用許可願いをご提出のうえ、【© JPCA「キャラクター名」】を明記のうえご使用下さい。

お問い合わせ先

   〒167-0042 東京都杉並区西荻北3-12-2 回路会館2階
   一般社団法人 日本電子回路工業会 事務局広報担当
   TEL 03-5310-2020  E-mail : news@jpca.org

ページトップへ戻る
JPCAへのお問い合わせ