• アクセスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • English

ハロゲンフリー銅張積層板試験方法(日本語/英語併記)

  • 規格番号:JPCA-ES01-2003
  • 平成11年11月30日 第1版発行
  • 平成15年8月28日 第4版発行
  • A4判 11ページ


shop_form_off


まえがき

環境対応材料として,難燃剤にハロゲン系化合物を添加しないハロゲンフリー銅張積層板が開発され,その需要が拡大 している。(社)日本プリント回路工業会では,平成11年11月に,銅張積層板に含まれる塩素,臭素の含有率測定方法の 一例と,ハロゲンフリー銅張積層板としての定義を定めたJPCA-ES01(ハロゲンフリー銅張積層板試験方法)を作成し周知を 図ってきた。また同時に,IEC(国際電気標準会議)へも提案し,国際規格としても審議が進められている。
そのJPCA-ES01も制定から3年を経て,関係各方面より意見が寄せられた。そのため,今回,住ベテクノリサーチ(株)の協力 を得て試験方法の見直しを行い,規格を改正する事とした。
なお,今後も,前述の通りこの方法が唯一のものではないので,巻末の意見書にて,関係諸氏の意見を寄せられたい。

(社)日本プリント回路工業会
プリント配線板規格部会/基板材料SC


目次
1. 目的
この分析方法の規格は,有機系銅張積層板中の塩素,臭素の含有量を定量することにより,ハロゲンフリー材か 否かの判定を行うことを目的とする。

2. 適用範囲

3. 分析方法
3.1 試 料
3.2 装置及び器具
3.3 試薬類
3.4 試験片の作製
3.5 検液の調製
3.6 検出及び定量
3.7 ハロゲン含有率の算出

【参考】ハロゲンフリー材の定義
本試験法で測定し,以下の条件を満足している銅張積層板をハロゲンフリー材と定義する。
・塩素(Cl)含有率: 0.09 wt%(900ppm)以下
・臭素(Br)含有率: 0.09 wt%(900ppm)以下
・塩素(Cl)及び臭素(Br)含有率総量: 0.15 wt%(1500ppm)以下


Preface

Halogen free board materials have been developed and introduced to the industry as environment friendly materials. JPCA has developed specifications of some halogen free materials for the benefit of the industry. A test method to measure halogen content in board materials, JPCA-ES01, in this series was issued in November 1999. This document was also proposed to IEC as an international standard and accepted as a work item of IEC/TC91. It will be published in very near future.
Three years have passed since the publication of this document and various comments have been made to JPCA-ES01 from users of this document. JPCA decided to revise this document with the assistance of Sumibe Techno Research Corp. The test method described in this document is certainly not the only method to measure halogen content in a material. We should like to appreciate to receive comments from those who use this document using the comment form attached at the end for further improvement of this document.

JPCA PWB Standards Committee
Base Materials Sub-Committee


Contents
1. SCOPE
This Specification specifies the measuring method of chlorine and bromine content in organic copper-clad laminates and their base materials to identify halogen-free printed wiring board materials.
2. PURPOSE

3. ANALYSIS METHOD
3.1 Test specimens
3.2 Test devices
3.3 Reagents
3.4 Preparation of test specimens
3.5 Preparation of test solution
3.6 Measurement of halogen ions and quantitative analysis
3.7 Calculation of halogen content

Informative Annex: Definition of “Halogen-free”
A copper clad laminates is recognized as “halogen-free” when the concentration of Chlorine or Bromine satisfies the following requirement.

Chlorine ion concentration: Less than 0.09 wt% (900 ppm)
Bromine ion concentration: Less than 0.09 wt% (900 ppm)
Total concentration of Chlorine and Bromine ions: Less than 0.15 wt% (1500 ppm)

注文番号 タイトル 販売価格(税別)
在庫状態 数量 単位  
s001-k 会員価格 ¥1,000
在庫有り
s001 頒布価格 ¥2,000
在庫有り
ページトップへ戻る
JPCAへのお問い合わせ