• アクセスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • English

高濃度PCB廃棄物・使用製品の早期処理について(経産省)

  • 2016年12月20日

  •  PCB廃棄物はPCB特別措置法で定める処分期間内に処分をしなければなりません。
    特に、高濃度PCB廃棄物については、中間貯蔵・環境安全事業㈱(JESCO)に処分委託をしなければなりませんが、処分期間はJESCOの処理施設ごとに定める計画的処理完了期限の1年前を末日として規定しており、早いものでは平成29年度末と当該期限までに残された時間は限られています。  

     つきましては、保管事業者におかれましては、早期処理に努めていただきますようお願いいたします。特に昭和47年以前に製造された機器には高濃度PCBが含まれている可能性があります。これらの機器をお持ちの方は確実にご確認をお願いいたします。

    <高濃度PCB廃棄物の保管事業者等に御対応頂きたいこと>

    1.高濃度PCBを含む変圧器、コンデンサー、蛍光灯安定器などの有無を確認して下さい。
    2.高濃度PCBを含む使用中の変圧器、コンデンサー、蛍光灯安定器等を所有している場合に   は、処分期間内に使用を中止して下さい。
    3.高濃度PCBを含む変圧器、コンデンサー、蛍光灯安定器等を保管・所有している場合は、届  出をして、早期にJESCOに処分委託を行って下さい。

    <詳細はこちら>
    →高濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物及び高濃度ポリ塩化ビフェニル使用製品の
    処分期間内の早期処理に関する周知徹底について(経産省)(PDF)


    <添付資料>
    →ポリ塩化ビフェニル(PCB)使用製品及びPCB廃棄物の期限内処理に向けて(パンフレット)
    ※PCB特別措置法又は電気事業法に基づく手続き等の各自治体の窓口は、パンフレット12ページに記載されています。

    <参照先>
    → ポリ塩化ビフェニル(PCB)早期処理情報サイト(環境省ホームページ)
    → 中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)ホームページ
    →(一社)日本電機工業会ホームページ
    →(一社)日本照明工業会ホームページ
    → 平成28年度PCB廃棄物の適正な処理促進に関する説明会
    → 廃棄物処理法に基づく無害化処理認定施設一覧

    高濃度PCB廃棄物の期限内処理にご協力をいただきますよう何卒よろしくお願いいたします。

    ページトップへ戻る
    JPCAへのお問い合わせ