• アクセスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • English

改正障害者雇用促進法が施行されました(厚労省)

  • 2016年11月02日

  •  厚生労働省では、障害のある人が障害のない人と同様、その能力と適性に応じた雇用の場に就き、地域で自立した生活を送ることができるような社会の実現を目指し、障害のある人の雇用対策を推進しています。
     このたび「障害者の雇用の促進等に関する法律」が改正され、平成28年4月1日に施行されましたのでお知らせいたします。

    ◆改正のポイント
    ①雇用の分野での障害者差別の禁止
      障害者であることを理由とした障害のない人との不当な差別的取扱いが禁止されています。

    ②雇用の分野での合理的配慮の提供義務
      障害者に対する合理的配慮の提供が義務付けられています。

    ③相談体制の整備・苦情処理、紛争解決の援助
      障害者からの相談に対応する体制の整備が義務付けられています。
     障害者からの苦情を自主的に解決することが努力義務とされています。

    →【障害者雇用促進法改正法パンフレット】はこちら(外部リンク)

    ページトップへ戻る
    JPCAへのお問い合わせ