• アクセスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • English

公正な募集・採用のために配慮すべき事項について(厚労省)

  • 2016年01月25日

  • 厚生労働省より、公正な募集・採用のために採用選考時に配慮すべき事項について周知依頼がありましたのでお知らせします。次の14事項について、応募用紙(エントリーシートを含む)に記載させる・面接時において尋ねる・作文を課すなどによって把握することや実施することは、就職差別につながるおそれがあります。

    1.本籍・出生地に関すること
    2.家族に関すること(職業・続柄・健康・地位・学歴・収入・資産など)
    3.住宅状況に関すること(間取り・部屋数・住宅の種類・近隣の施設など)
    4.生活環境・家庭環境などに関すること
    5.宗教に関すること
    6.支持政党に関すること
    7.人生観・生活信条などに関すること
    8.尊敬する人物に関すること
    9.思想に関すること
    10.労働組合・学生運動など社会運動に関すること
    11.購読新聞・雑誌・愛読書などに関すること
    12.身元調査などの実施
    13.全国高等学校統一応募用紙・JIS規格の履歴書(様式例)に基づかない事項を含んだ応募書類(社用紙)の使用
    14.合理的・客観的に必要性が認められない採用選考時の健康診断の実施

    採用基準等の点検を含め就職の機会均等に向けた取組が一層推進されますようご配慮賜りますことをお願い申し上げます。

    詳細につきましては、下記リンク先をご覧ください。

    →(確認依頼)自社の採用基準や選考方法について(PDF)

    →(参考)公正な採用選考のために(PDF)

    ページトップへ戻る
    JPCAへのお問い合わせ