• アクセスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • English

電子回路営業士【資格更新制度】について

  • 2016年05月17日
  • 電子回路営業士の資格更新制度について、次の通りお知らせいたします。

    1.電子回路営業士資格は、5か年間の有効期限があります。

    資格更新には、有効期限内に資格フォローアップセミナーの受講が義務付けられています。
    (詳細は、JPCA公式サイト【資格・検定】「資格フォローアップセミナーをご参照下さい。)

    →JPCA公式サイト【資格・検定】「資格フォローアップセミナー」はこちら




    2. 資格の失効

    以下に示す資格更新対象者が、今年度の資格フォローアップセミナーを受講されなかった場合、資格失効となります。資格失効となった方が営業士になるには、再度検定試験に合格する必要がありますので、ご留意下さい。
    ①2011年に合格された方
    ②2011年に資格更新された方
    ③2010年迄に資格取得され、一度も資格更新をされていない方



    3. 資格更新を円滑にするために

    資格有効期限である5年を待たずに資格フォローアップセミナーを受講すると、受講年から5か年間の有効期限後となります。
    また、資格の有効期限等を個別にご案内するために、今年度から、会社又は個別に、個人のメールアドレスの登録を実施しています。
    ご登録は、資格取得級、お名前、会社名を、下記アドレスに送信すると完了です。登録完了すると返信メールが届き、以降は、JPCAから更新情報等が定期的に送信されることになりますので、ご利用ください。
    E-mail: shikaku@jpca.org

    <本件に関するお問い合わせ先>
    (一社)日本電子回路工業会
    TEL:03-5310-2020 担当:藤原 智晴(fujiwara@jpca.org)






    ページトップへ戻る
    JPCAへのお問い合わせ