• アクセスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • English

CO2削減活動

環境負荷低減に向けた活動としての温室効果ガス排出量調査

1)調査の主旨

co2 JPCAでは、環境負荷低減に向けた活動として、電子回路業界における温室効果ガスの排出量調査を行っております。
地球環境や人間社会に影響を及ぼす事が懸念される温室効果ガス(特に、二酸化炭素)は、産業革命期と比較し、地球上で約1.4倍の濃度となり、その影響が最も大きなガスとされています。
そこで、環境安全委員会では、業界全体で温室効果ガス削減に向けた取り組みを行う為、JPCA会員企業の温室効果ガスに関する実態把握を行った上で、削減目標の設定や削減支援を行う事を検討しております。

2)調査方法

①調査対象者


電子回路関連製造事業を営むJPCA会員企業を対象とし、以下の区分毎に、排出量を調査と致します。
 ・電子回路基板製造
 ・電子回路実装基板製造
 ・専門加工製造(設計、製版・フィルム製作、金型製作、穴あけ、めっき等)
 ・基板材料製造
 ・プロセス材製造
 ・製造用設備製造
 ・その他製造

②調査対象ガス


本調査では、年度を単位として、製造に使用されたエネルギー量を、二酸化炭素排出量に換算し、算出致します。

③調査結果の活用


本調査結果の概要は、毎年JPCA NEWSに掲載すると共に、調査にご協力頂きた企業には、詳細な調査結果をお送りし、温室効果ガス排出量の削減による地球環境負荷の低減にご活用頂いております。

ページトップへ戻る
JPCAへのお問い合わせ