• アクセスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • English

ぷりんとばんじゅくⅢ『 プリント配線板の実践品質保証 -品質保証編-』改訂版

purintobanjuku3

ぷりんとばんじゅくⅢ『 プリント配線板の実践品質保証 -品質保証編-』改訂版  (purintobanjuku3)

  • 長谷川 堅一 著
  • 平成27(2015)年6月3日 第2版第1刷発行
  • A5判 132ページ


shop_form_off

発刊に寄せて

 本誌の初版からもう14 年も経過した。その間の電子回路業界の変化も著しく、品質保証の要求レベルも一段と高度化している。
 データの超高速伝送ニーズはとどまることなく、回路の細線化は益々進行してはいるが、半導体とプリント配線板の細線化レベルのギャップは依然として問題視されている現状である。
 つまり半導体に比べプリント配線板の細線化レベルが遅れている点を、どのように解決すべきかが大きな課題となりつつあるのだ。当然ではあるがそれに伴うプリント配線板製造環境のクリーン化要求も一段と高度になっている。
 加えて、電子部品がプリント配線板に内蔵されることによる検査方法の変化や、一層の耐熱性・高周波対応、高精度位置合わせなどの技術課題も重なり、プリント配線板材料そのものの革新要求にも繋がっている。しかも世界的なグリーン化要求も厳しさを増し、電子機器や製造過程で使用される副資材、梱包材などに含有される有害物質の規制
も多岐に渡っており、法規制を無視できない状況にある。
 品質保証に関する基本は変わり無いが、これらの変化への対応は少なからずその難度を高めている。
 また、発展途上国の技術レベルも次第に上がっており、グローバル競争は益々激しくなっている。我が国はこれまで新製品開発力を重視し、量産は海外と言う流れに傾注し過ぎ、企業としての旨味を放棄してきた感が強い。これでは何の為の技術立国なのかわからない。企業としての旨味を確保し、我が国の安定した雇用も確保してこそ繁栄が約束されるのではなかろうか。
 プリント配線板は、あらゆる電子機器の核となる製品である。本業界の発展と成長がなければ、我が国そのものの繁栄も約束されないということになる。この事業の品質保証は他の製品に比べ非常に難しいことを初版でも述べたが、それだけに我が国の技術レベル、管理レベルの高さを生かし、差別化できるチャンスと考えるべきであろう。言い換えれば価格競争においても勝てる物作りにチャレンジすることが必須である。品質保証力は物作り力の原点でもある。我が国のレベルをもってすれば、必ず成功するチャレンジと確信するものである。

長谷川 堅一



目次
1. 品質保証の基本思想
2. 品質保証の本質的意味合い
 2.1 買う段階の保証品質
 2.2 使用段階の保証品質
3. 品質保証の必須前提
 3.1 正道
 3.2 誠意
 3.3 決めごと遵守
 3.3.1 実施確認システム構築のポイント
 3.3.2 発送職場の確認不遵守実績管理表例と一般的賞罰内容例
4. 品質管理と品質保証の定義と活動
 4.1 保証すべき品質
5. 品質保証体系
6. 品質保証レベル
 6.1 品質保証指数を決めろ
7. 品質管理の基本的思考
 7.1 全員参加
 7.2 デミングサークルを回せ
 7.3 データ優先
 7.3.1 プリント配線板品質管理上のデータの種類
 7.3.2 データを見抜く力をつけよ
 7.3.3 データの採取・加工時の注意事項
 7.3.4 役に立つデータの活用例
 7.4 重点思考
 7.5 三現主義
 7.6 変化点管理
 7.7 QC7 つ道具
 7.7.1 パレート図
 7.7.2 特性要因図
 7.7.3 グラフ
 7.7.4 チェックシート
 7.7.5 散布図
 7.7.6 ヒストグラム(柱状図)
 7.7.7 正規分布と工程能力指数
 7.7.7.1 Cp 値算出の為のデータ条件と活用ポイント
 7.7.8 管理図
 7.7.8.1 管理図の種類
 7.7.8.2 x-R 管理図の作り方
 7.7.8.3 管理図の見方
8. 品質管理の中の5S
 8.1 5S の決まりとこれからの方向
 8.2 5S の直接的意味合いと役割
 8.3 5S の二次的重要な役割
 8.4 5S のアイデア蓄積
9. プリント配線板の特質
 9.1 プリント配線板の役割
 9.1.1 機能上の基本的役割
 9.1.2 追加されてきた機能上の役割
 9.1.3 技術的ニーズ変化への社会的役割
 9.1.4 管理的ニーズ変化への社会的役割
 9.1.5 プリント配線板商品としての特質
 9.1.6 プリント配線板に必要な技術の種類
10. プリント配線板の不良対策
 10.1 不良低減の進め方
 10.2 不良低減のコツ
 10.3 不良ゼロの確信でチャレンジ
 10.3.1 事実を正確に掴む
 10.3.2 不良原因の追求
 10.3.3 製造条件調査のポイント
 10.3.4 不良の時系列的発生状況調査
 10.3.5 現場作業者の意見調査
 10.3.6 作業記録調査
 10.3.7 識者の見解調査
 10.3.8 調査結果の纏め
 10.3.9 矛盾点の顕在化と追調
 10.3.10 不良原因の結論付け
 10.3.11 対策のポイント
 10.3.12 対策効果確認時の注意点
 10.3.13 対策情報の知らせ方のコツ
 10.3.14 凡ミス対策のポイント
 10.3.15 チョコ停チョコトラの撲滅
 10.3.16 片手落ちの撲滅
 10.3.17 不良対策の最も重要なポイントは対策スピード
11. 製造部門の使命
 11.1 製造部門の使命: 製造装置の新品状態維持
 11.2 製造部門の使命: 製造装置のMTBF 管理
 11.3 製造部門の使命: 製造装置の性能向上
 11.4 製造部門の使命: 修理ではなく改造を
 11.5 製造部門の使命: 作業者のエキスパート化
12. プリント配線板クレームの定義と保証範囲
 12.1 クレーム処理に関する積極姿勢
 12.2 クレーム対策の前に、不良の目合わせと、取り決め事項の相互確認
 12.3 検査マージンで予防できないクレームは管理対策で
 12.4 品質クレームは検査マージンで撲滅
 12.4.1 検査時間マージン
 12.4.2 検査ツールマージン
 12.4.3 検査数マージン
 12.4.4 繰り返し全数検査回数マージン
 12.4.5 機械検査による検査マージン
 12.4.6 検査能力マージン
 12.4.7 検査基準上のマージン
 12.4.8 検査方法上のマージン
 12.5 検査マージンでは減らせないクレーム対策
 12.5.1 決めごとの文書は一元化
 12.5.2 決めごと遵守(実施確認)システムの構築
 12.6 クレームカルテの活用
 12.7 発生クレームの具体的処理
 12.7.1 良いクレーム処理のための心構え
 12.7.2 指示ミスにより発生したクレーム対策
 12.7.3 無知により発生したクレーム対策
 12.7.4 勘違いにより発生したクレーム対策
 12.7.5 指示の見落としにより発生したクレーム対策
 12.7.6 設計データミスによるクレーム対策
 12.7.7 作業者の作業ミスによるクレーム対策
 12.7.8 製造装置故障不良によるクレーム対策
 12.7.9 製造条件異常によるクレーム対策
 12.7.10 製造プロセスで使用される薬品、副資材等の異常によるクレーム対策
 12.7.11 材料誤認によるクレーム対策
 12.7.12 異材混入によるクレーム対策
 12.7.13 材料欠陥によるクレーム対策
 12.7.14 定常的発生不良によるクレーム対策
 12.7.15 市場事故補償に関する注意事項
13. トレーサビリティ思考の見直し
14. プリント配線板のフィールド事故
15. 品質保証部門の重要な品質保証活動を忘れるな
16. 原理原則に忠実な思考と行動の実践
 16.1 事例1:糊とプリント配線板の不良
 16.1.1 粘着性糊に関する原理原則
 16.1.2 粘着テープ糊の転写状況
 16.1.3 プリント配線板製造工程で使用される粘着テープ
 16.1.4 粘着テープの構造
 16.1.5 糊による不良の対策行動の実践
 16.1.6 糊付着による不良の事例
 16.2 事例2:工場のクリーン化
 16.2.1 異物持ち込みに関する原則
 16.2.2 発生異物に関する原則
 16.2.3 異物除去に関する原則
 16.2.4 ゴミの共通原則
 16.2.5 持ち込み異物による不良の対策行動実践
 16.2.6 発生異物による不良の対策行動実践
 16.2.7 異物除去に関する行動の実践
 16.2.8 ゴミの共通原則に関する行動の実践
17. 品質保証部門業務の在り方
18. 終わりに
19. 参考文献

注文番号 タイトル 販売価格(税別)
在庫状態 数量 単位  
purintobanjuku3-k 会員価格 ¥1,000
在庫有り
purintobanjuku3 頒布価格 ¥2,000
在庫有り
ページトップへ戻る
JPCAへのお問い合わせ