• アクセスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • English

ぷりんとばんじゅくV『新入社員のための実装入門』

  • 榧場 正男 著
  • 平成14(2002)年6月1日 第1版第1刷発行
  • A5判 99ページ


shop_form_off

まえがき

 実装技術は、実装技術は半導体のパッケージングから数多くの電子部品やメカ部品をプリント配線板に 搭載し接合するマザーボード実装まで広範囲な領域に渡っている技術である。機器本体の小型軽量化や機 器への高機能化に追従する製品を実現するには実装技術が要になり、具体的にはプリント配線板の開発を 始め、電子部品やメカ部品、接合技術、信頼性評価技術の開発が必要となる。しかも、個々の技術が変化 することによって関連する周辺技術にも大きな影響を与えるため、個々の技術担当者は常に周辺技術にも 関心を抱きながら変化にいつでも対応できるように個々の技術の幅を広げておくことが大切である。
 このような背景から実装の基礎である過去の実装形態を理解してもらえるようにイラストを使った解説を行い、個々の技術 (電子部品やメカ部品、搭載技術、接合技術、プリント配線板)についても基礎をできるだけ平易に解説することを意図し た。実装を取り巻く環境の変化については次の機会に解説したいと思う。
  本書は「ぷりんとばんじゅくー新入社員のための実装入門」として書いたものであり、プリント配線板に関しては分かり易く解 説した「ぷりんとばんじゅく」シリーズがJPCAから発行されているので、これらを入手し活用することをお勧めする。
  現在、国内のプリント配線板ビジネスは海外調達や安価な価格競争に巻き込まれ厳しい状況になっているが、何とか活性 化させ発展させていくには、プリント配線板に関連が深い実装技術を十分に理解し対応していく必要がある。多くのプリント 配線板関連企業や工場で従業員、あるいは新人への教育資料として本書が広く活用して頂けるものと信じております。

榧場 正男

注文番号 タイトル 販売価格(税別)
在庫状態 数量 単位  
p005-k 会員価格 ¥1,000
在庫有り
p005 頒布価格 ¥2,000
在庫有り
ページトップへ戻る
JPCAへのお問い合わせ